スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救いの光

救いの光は、水や空気や大地と同じ普遍なる愛の賜物であり、
公共に帰することを義とするが、決して私欲の産物にしてはならない。

これはライトワーカーの義務であり鉄則である。
« 悔い改め | TOP | 委譲 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。