悔い改め

反省することはあっても、自らを卑下してはいけない。

人は絶えず悔いて改め、成長進化する存在である。