国おこし 2

まちおこし、国おこしの担い手となろう。
そのための基本は、自分おこし、家庭おこしからである。

個人、家庭、地域おこしが、新しい国おこしの牽引力である。


コメント

管理者のみに表示
« 国おこし | TOP | 興す »