ともに超える

受難の道は、一人で超えて行くのではない。

いつも、あなたの神がともにいることを、忘れないでほしい。
« 救いの光 | TOP | 神の解放 »