偽りの宗教 2

神仏の名の下に世界支配をもくろむ魔の勢力、
これが、人間崇拝に陥った宗教の正体である。

彼らは、自ら作り出したカルマゆえに、
自縄自縛への運命をたどるだろう。


信心深い、心清き者は悟るがよい。
審判は、神の宮から始まるということを。