遺伝子の穢れ

カルマの解消とは、あなたの内に宿る魔性(ルシファー性)を浄化解放することである。

人は誰もが神の子として創造されていながら、人類始祖イザナギ・イザナミは、若き成長期に自らの遺伝子を汚し、ヤハウェの神意から逸脱してしまった。

だから人類始祖の遺伝子を持つ人の子は、自ら遺伝子に刷り込まれた魔性を解放する道を避けることはできない。

魔性の解放とは、自らの内に秘めたカルマを解消することであり、自らの神性を取り戻すための避けられない行路である。