謙虚であれ

謙虚さを失ってはいけない。

どんなに真理に通じ、また苦行を積もうが、
謙虚さを失っては、自ら神性の光を失い、
愛と希望の光を発することはできない。


« 呪縛の壁 | TOP | 自戒 »