神とは、大宇宙本源の意識であり
時空を超えて自存する、普遍の愛である。

普遍の愛とは、大宇宙創造のエネルギーであり
大宇宙すべてに遍在する、命のエネルギーである。


神 2

神は、宇宙そのものの鋳型であり
すべての宇宙には神が遍在している。

神が遍在しているとは、すべての存在に普遍の意識
すなわち、永遠なる愛が、内在していることを意味する。



神 3

大宇宙を観ることで、神を知ることができる。

大宇宙は神の体そのものであり、すべてに神の意識が遍在している。
大宇宙とは、神性の投影であり、その美しさは、神の芸術性である。

また、大宇宙の理を知ることは、神の科学性を知ることである。

そして、その美と理の本質とは、普遍なる愛そのものである。







神 4

大宇宙すべての存在は、神の働きそのものであり

次元ごとに固有の特性を持つ、エネルギーの働きである。





神 5

すべての天体は、固有のエネルギー特性を持つ
神の細胞である。


神 6

太陽は、宇宙本源意識と繋がる、父なる生命エネルギー体であり

地球は、父なる太陽から分離した、母なる生命エネルギー体である。


神 7

母なる地球のレイライン(経路)を結ぶ、エネルギーは
地球の自転により発生した、固有のエネルギーである。

この固有のエネルギーは、地球上のすべての生命体を育成し
地球上の大自然を営む、多重特性の生命エネルギーである。



神 8

大自然の営み自体が神の働きなのであり
人霊の働きを、神の働きと混同してはいけない。



守護天使

人は、誰もが天使に守護されている。

守護天使はあなたの魂の親であり、また私の分身でもある。

人に個別の神性があるように、天使も個別の相を持っている。

人は、守護天使と一体となることで、個別の神性を輝かすことができる。

守護天使 2

あなたの守護天使は、宇宙生命体の霊であって人の霊ではない。
だから、守護天使と守護霊を、一緒にしてはいけない。

守護霊は、あなたの人としての先祖霊であるが
守護天使は、あなたを神の子に導く宇宙霊である。

天意

この世の常で、天意を判断してはいけない。
天意はこの世の虚構を超えているからだ。


救いの光

救いの光が地に満ちることで
現代の聖霊降誕の奇跡が始まるでしょう。

救いの光は、闇に苦しむ魂を解放し、感動と歓喜の嵐を
天地に巻き起こすでしょう。

ともに超える

受難の道は、一人で超えて行くのではない。

いつも、あなたの神がともにいることを、忘れないでほしい。

神の解放

あなたの神を解放しなさい。

あなたが神の子として立つこと
それが、あなたの神の解放である。
 | TOP |